エゴグラムの【AC】の特徴

男と女の心理学と心理テストメニュー


エゴグラムの【AC】の特徴概要

心理士・こころ
心理士・こころ
   エゴグラムにおける【AC】(Adapted Child)とは順応した子供、即ち親や先生の言うことをよく聞く『良い子』の自我状態です。
エゴグラムの【AC】が高い人は、周囲の人に気を使いますので、協調性が高い人と言えるでしょう。 人の和を尊びますので、グループメンバー間の調和を維持するには欠かせない存在となるでしょう。
しかし、【AC】が高すぎると、周囲の人に気を使い過ぎてしまいますので、これがストレスとなりうつ病や不安障害などの心の病に陥る可能性が出てくるでしょう。 また、自分の意見が持てず、人の意見に依存してしまう傾向が強くなりますので、注意が必要です。
一方、【AC】が低い人は、人の意見を素直に聴くことはありませんので、対人関係でトラブルが多く、協調性が乏しいでしょう。

エゴグラムの【AC】が高い人の特徴

   以下、エゴグラムの【AC】が高い人の長所と短所を見てみましょう。

エゴグラムの【AC】が高い人の長所

   エゴグラムの【AC】が高い人の長所としては以下の点が挙げられるでしょう。
  1. 協調性が高い。
  2. 素直で従順である。
  3. 慎重に行動する。
  4. 人との妥協点を見つけようと努力をする。

エゴグラムの【AC】が高い人の短所

   エゴグラムの【AC】が高い人の短所としては以下の点が挙げられるでしょう。 特に、【AC】が極端に高い人は、その特性が短所となって現れる傾向があります。
  1. 人に気を使い過ぎる。
  2. 自主性に乏しい。
  3. 人に依存しがち。
  4. 本音を隠そうとする。
  5. 過度に我慢したり自分を責めるためストレスを溜めやすく自信喪失しやすい傾向がある。
  6. 嫉妬心が強く、ひねくれたり反抗的になることもある。

エゴグラムの【AC】が低い人の特徴

   エゴグラムの【AC】が低い人の特徴は、協調性に欠けるということでしょう。 人の意見を素直に聴くことはありませんので、対人関係でトラブルが多く、接客業など人と接する職業には向かないでしょう。
人の意見に素直に聴かないという弱点はある意味厄介なことです。 なぜなら、人の意見に素直に聴きませんので、【AC】が低いことが本人の弱点だと理解してもらえず、治すのも難しいのです。 【AC】が極端に低い人は、まず【AC】が低いことが自分の弱点だということを自ら気付く必要があるでしょう。

表示形式: モバイル | 標準(PC・Tablet)
運営会社情報 | プライバシー・ポリシー
@shin7077さんをフォロー

* 無断転載禁止。Yahooカテゴリ登録サイトです( コンピュータとインターネット > ハードウェア > スマートフォン > スマートフォン対応サイト > 占い )。
* どのページでもご自由にリンクして下さい。
* ご意見・ご質問等がございましたら こちらからメールをご送付下さい。 無料SEO対策 無料SEOコード -153.121.91.33。