会話力を高める方法

男と女の心理学と心理テストメニュー


会話力を高めるとは

心理士・こころ
心理士・こころ
   会話力とは、言葉によるコミュニケーション力のことであり、人が豊かな社会生活を送るために高める必要がある最も重要な技術の一つと言えるでしょう。 日本の教育では、自分がどれだけ知っているかに重点が置かれて来たため、 自分がどのように考えどのように外部に伝えるかという会話力は、学校では殆ど教えてくれません。
殆どの学生は、友達づきあいを通じて自然に自己学習しているだけです。 しかし、社会に出てからは会話力が非常に重要になります。 人生に成功している人たちの殆どは、言葉の使い方が巧みであり、会話力が優れています。
自分の会話力がどの程度のレベルか、まだ評価をされていない方は、 会話力の自己診断テストを実施し、 自分の会話力に関する長所や短所を知ることから始めてみると良いでしょう。

会話力を高める方法

   ここでは、会話力を高める方法について考えてみましょう。

正しく美しい日本語を使う

   色々な人と会話を楽しむには正しく美しい日本語を使う必要があります。 多少の方言は無理して標準語に直す必要はありませんが、若い世代の人に流行している『ら抜き言葉』や『省略語』が習慣化されないよう 普段から正しく美しい日本語で話すよう心がけましょう。

使える語彙数を増やす

   語彙数を増やすためには、本を沢山読むのが近道です。 理工系の人は理工系の専門書ばかりを読むのではなく、違う分野にも興味を抱き読むよう心がけましょう。

時事問題に興味を持つ

   時事問題に興味を持ち、新聞、インターネット、テレビなどで最新の情報を常に仕込んでおきましょう。

自分の専門分野のエキスパートになる

   どの分野でも良いので、自分の専門分野を持ち、その分野でエキスパートと呼べるくらいの専門性を磨きましょう。 一般の人はエキスパートには一目置き、エキスパートの意見を尊重する傾向が高いようです。

聞き上手になる

   自分の意見を押し付けるだけでは相手に良い印象を与えません。 相手の話をよく聞き、相手の話の内容に興味を示すことこそ、相手に好印象を与え、もう少し話したいと思わせる秘訣です。 そして、疑問点があれば、間髪いれず質問してみましょう。

身振り・手振りを交えて話す

   身振り・手振りを交えて話すことにより、活発な会話ができ、会話内容について相手に強い印象を与えます。

アイコンタクトを取りながら会話する

   アイコンタクトを取りながら会話すると、 あなたの誠意と自信を相手に印象づけます。 相手の人数が多い場合には、相手全員に不快感を与えないよう、皆さんとアイコンタクトを取りましょう。

共通の話題を探す

   相手が初対面の場合には、相手の興味の対象がわからないので、きっかけがつかみにくいものです。 最初は、『ここへはよくいらっしゃるんですか?』とか、『今日は寒いですね』など、差し障りのない話から始めて、共通の話題を探って行きましょう。

冗談や駄洒落を織り込む

   話の中に冗談や駄洒落を織り込む会話に弾みがつき、あなたは知的でウィットに富んだ人という印象を与えることができるでしょう。

相手が理解しやすいよう例え話を出す

   例え話は、相手の理解度を高める最良の方法です。 話が少し難しいようでしたら、例え話を出しましょう。

珍しい話題・面白い回答を用意する

   珍しい話題や面白い回答を用意しておきましょう。意外な話題は、相手の興味を引きつけ会話を活発にします。

相手を褒めるよう心がける

   誰でも褒められるのは好きでしょう。 さりげなく褒めて、自分の好感度をアップして会話を弾ませましょう。

表示形式: モバイル | 標準(PC・Tablet)
運営会社情報 | プライバシー・ポリシー
@shin7077さんをフォロー

* 無断転載禁止。Yahooカテゴリ登録サイトです( コンピュータとインターネット > ハードウェア > スマートフォン > スマートフォン対応サイト > 占い )。
* どのページでもご自由にリンクして下さい。
* ご意見・ご質問等がございましたら こちらからメールをご送付下さい。 無料SEO対策 -153.121.91.33。