エゴグラムの【A】の特徴

男と女の心理学と心理テストメニュー


エゴグラムの【A】の特徴概要

心理士・こころ
心理士・こころ
   エゴグラムにおける【A】(Adult)とは大人、即ち成人としての冷静で客観的な分析や思考の自我状態です。
エゴグラムの【A】が高い人は、論理的かつ合理的に考え行動し、仕事をテキパキとこなしますので、仕事で高評価を得るには不可欠な要素と言えるでしょう。 また、常に冷静で客観的に物事を進めますので、対人関係においても摩擦は少ないでしょう。
しかし、【A】が高すぎると、感情表現が乏しく、周囲の人に冷たい印象を与えてしまいますので、人に好感を持たれることは少ないでしょう。 このタイプの人は、プログラマーやウェブデザイナーなど、個人の能力を活かして一人で仕事をすることが多い分野には比較的多いタイプと言えるでしょう。
一方、【A】が低い人は、論理的かつ客観的に考えることが苦手ですので、理性を失って感情的なりやすいでしょう。

エゴグラムの【A】が高い人の特徴

   以下、エゴグラムの【A】が高い人の長所と短所を見てみましょう。

エゴグラムの【A】が高い人の長所

   エゴグラムの【A】が高い人の長所としては以下の点が挙げられるでしょう。
  1. 高い情報収力と分析力を持っている。
  2. 客観的に考える。
  3. 論理的・合理的に考える。
  4. 現実的に考える。
  5. 冷静沈着である。

エゴグラムの【A】が高い人の短所

   エゴグラムの【A】が高い人の短所としては以下の点が挙げられるでしょう。 特に、【A】が極端に高い人は、その特性が短所となって現れる傾向があります。
  1. 感情表現が乏しい。
  2. 打算的・機械的である。
  3. 人の感情や気持ちに無頓着である。
  4. 義理人情が乏しい。
  5. 冷たい印象を与える。

エゴグラムの【A】が低い人の特徴

   エゴグラムの【A】が低い人の特徴は、論理的かつ客観的に考えることが苦手ですので、理性を失って感情的なりやすいという特徴があります。 このため、正確さや緻密さが要求されるプログラマー、医師あるいは弁護士などには適さないでしょう。
【A】が極端に低い人は、物事を現実的に考えることができませんので、社会生活において支障をきたすケースも出てくるでしょう。 このような方は、少しでも【A】を高めるよう努力しましょう。

表示形式: モバイル | 標準(PC・Tablet)
運営会社情報 | プライバシー・ポリシー
@shin7077さんをフォロー

* 無断転載禁止。Yahooカテゴリ登録サイトです( コンピュータとインターネット > ハードウェア > スマートフォン > スマートフォン対応サイト > 占い )。
* どのページでもご自由にリンクして下さい。
* ご意見・ご質問等がございましたら こちらからメールをご送付下さい。 無料SEO対策 -153.121.91.33。