類似性と相補性

男と女の心理学と心理テストメニュー


類似性と相補性

心理士・こころ
心理士・こころ
   あなたが、恋人や結婚相手を選ぶ時、『この人は恋人にするには面白くていいけれど、結婚相手にするにはちょっと物足りない』 という具合に、ハードルを設けて選択すると思います。
心理学の分野では、人が、友人、恋人、あるいは人生のパートナーを選ぶ際には、 段階に応じたいくつかのフィルターにかけて選択するという理論があります。 その際に、『類似性(Similarity)』と『相補性(Complementary)』という言葉が使用されますので、ご説明しましょう。

フィルター理論

   A. C. Kerckhoff and K. E. Davis のフィルター理論(1962) では、 階級や宗教などの社会的位置づけや内面性においては『類似性(Similarity)』を重視し、性格的特長に関しては『相補性(Complementary)』を重視するとしています。 即ち、まだあまり親しくない友人を選択する際には、出身地や趣味など、自分と類似性のある相手を求めますが、 人生のパートナーを選ぶ際には、自分の足りない部分を補ってくれる『相補性』を重視するという理論です。

刺激-評価-役割モデル

   B. I. Murstein のStimulus-Value-Role(刺激-評価-役割)モデル(1970)では、 以下の通り、各段階において、優先するものが異なってくることを示しました。

類似性・相補性の恋愛への応用

   出会った直後の刺激段階では、容姿、肉体的特長などの外見以外に、類似性が重要になります。 趣味や色の好みが似ていたり、また同郷だったりすると、それをネタに話を弾ませることができます。 また、類似性があると、相手への親近感・信頼感も増します。 例えば、『**県出身の奴に悪い奴はいない』など、がそれです。 ですので、初対面で親しくなろうと思えば、どんな些細なことでも良いので、相手との類似性を探すことです。 出会った直後には、相補性はほとんど必要ありませんので、ひたすら類似性に注目して下さい。
そして、付き合いが深まるにしたがって、共同で何かを行うことも増えてきますので、相補性が必要になってきます。 『僕はこれをするので、君はあれをやって』と役割分担するのです。 特に、結婚するとなると、外見や類似性だけでは長続きせず、相補性が重要になってきます。 それぞれの足りない部分を補い合ってこそ、一つの共同作業をスムーズに進めて行くことが出来るわけなのです。
相補性を考えないで、類似性だけで結婚すると悲惨な結果を招くこともありますので、 人生のパートナーを選ぶ際には、しっかり選定しましょう。

表示形式: モバイル | 標準(PC・Tablet)
運営会社情報 | プライバシー・ポリシー
@shin7077さんをフォロー

* 無断転載禁止。Yahooカテゴリ登録サイトです( コンピュータとインターネット > ハードウェア > スマートフォン > スマートフォン対応サイト > 占い )。
* どのページでもご自由にリンクして下さい。
* ご意見・ご質問等がございましたら こちらからメールをご送付下さい。 無料SEO対策 無料SEOコード -153.121.91.33。