理想的な住宅の立地条件

飛星派風水で住宅開運メニュー


理想的な住宅の立地条件

風水師・有希
風水師・有希
   中国では、古くから住宅を建てる理想の地形を指して 『 四神相応 しじんそうおう 』 と呼ばれています。 これは、東西南北の各方位が『青龍』、『白虎』、『鳳凰』、『玄武(黒い大亀)』の四神で守られた地形あるいは地勢のことを指します。 すなわち、図1に示す通り、住宅から見て『左方に青龍が舞い、右方では白虎が吼え、前方では鳳凰が舞い、後方には玄武が座す』 という立地条件が理想の地形あるいは地勢であることを意味します。
元々は、東に青龍、西に白虎、南に鳳凰、北に玄武という意味ですが、 飛星派風水では吉凶を判断する際には、方位が固定されておらず、 住宅の方位と三元九運で変化するため、 現時点では、方位は気にする必要は無いでしょう。
玄武は山に、鳳凰は川・湖あるいは現代では道路に、青龍と白虎は山や建物に、それぞれ該当します。 したがって、後方を山、丘、高台、あるいは建物に守られ、前方に川・湖あるいは道路があり、 さらに左右を山や建物で守られた立地が『四神相応』の理想的な条件と考えられます。
風水では、住宅から見て左に位置する青龍が右に位置する白虎より重視されますので、 白虎より青龍の位置が若干高いか、あるいは立派な建物である場合が最も吉相とされます。 また、青龍は陽の気を持つ男性、白虎は陰の気を持つ女性とも考えられていますので、 青龍より白虎が高かったり、立派である場合には女性上位になりがちな住宅になる傾向があります。
理想的な住宅の立地条件
図1 理想的な住宅の立地条件

地形や川・道路の形状について

   風水的に、山の頂上や急な傾斜地は生気を蓄えることができず、金運に恵まれないとされています。 風雨に対する安定性に欠け、土砂崩れの危険性があるからでしょう。
風水的では、なだらかな山や丘の中腹が、地形として最高の吉相とみなされます。 後方の山が玄武として守ってくれる上、土地が肥沃で、土砂崩れや洪水の心配もないからでしょう。
さらに、風水では、湾曲した川や道路の内側の住宅はさっ気の進入を防いでくれますので、吉相とみなされます。 真直ぐな道路の場合も交通量がそれほど多くなければ吉相です。 しかし、湾曲した川や道路の外側の住宅は、風水では『街道反弓』と言われ、障害や病気に陥る可能性が高まりますので注意が必要です。
以上を総合すると、四神相応の中でも、図1に示すような四神相応の地勢にある土地に立地する住宅が理想の住宅と言えるでしょう。

表示形式: モバイル | 標準(PC・Tablet)
運営会社情報 | プライバシー・ポリシー
@shin7077さんをフォロー

* 無断転載禁止。
* どのページでもご自由にリンクして下さい。
* ご意見・ご質問等がございましたら こちらからメールをご送付下さい。 無料SEO対策 無料SEOコード -153.121.91.33。