2018-10-26更新

ホロスコープ占星術による今日の運勢概要

占い師・麻衣
占い師・麻衣

ホロスコープ占星術とは

   西洋占星術の代表であるホロスコープ占星術は、様々な文明を経て発達してきた占星術であり、緻密な理論で組み立てられていてその理論体系は科学に近いものがあります(疑似科学という分類になります)。 そして、ホロスコープ占星術では、実際の天体の動きを精密に再現したホロスコープを作成することから始まります。
ホロスコープとは地球から見上げた12星座と10惑星を配置した天球図のことであり、人間が持っている複雑な多面的な性格や運命など非常に多くの情報を含んでいますので、 あなたが一生背負って行く運命を表していると言っても過言ではないでしょう。 テレビや雑誌でおなじみの12星座を基にした12星座占いなどの「今日の運勢」は、太陽のある星座のみを使用して診断する占星術(サン・サイン占星術)をベースとしたものですので、 ホロスコープ占星術のほんの一部の情報を使用しているに過ぎません。

ホロスコープを作成し今日の運勢を無料診断

   本サイトでは、ホロスコープ占星術の「トランジット(Transit)法」により時々刻々と変化するあなたの運勢を占います。 時間の経過と共にホロスコープ上を運行する惑星とあなたの出世時の惑星との角度(アスペクト)は時々刻々と変化して行きますが、ホロスコープ占星術では、このアスペクトは非常に重要な意味を持っています。 そして、トランジット法では、10惑星全ての組み合わせに関して、運行する惑星と出生の惑星がなすアスペクトを計算し、アスペクトの吉凶のルールにより今日の運勢を100点満点で点数化して占います。
ホロスコープを作成したり、アスペクトを計算してホロスコープを読み解いたりするためには、熟練した技術を必要としますが、本サイトでは、ホロスコープ占星術の優秀な電脳占い師でもある占い師・麻衣が、 あなたの生年月日、出生時刻および出生地からホロスコープを作成し、今日の運勢を無料診断致します。あなたは、生年月日、出生時刻および出生地を選択するだけです。 ホロスコープ占星術についてもう少し詳しく知りたい方およびホロスコープ占星術による今日の運勢の占い方をもう少し詳しく知りたい方は、このページ下に記述している ホロスコープ占星術による今日の運勢の占い方 をご覧下さい。

出生時刻がわからないという方の占い方

   ホロスコープ占星術では、あなたがどのような特徴や運命を背負っていて、どういう分野で、いつ頃、あなたの特徴が発揮され、運命が実現する可能性が高いかということを無料診断することができます。 しかし、正確にホロスコープを作成するためには、あなたの正確な生年月日、出生時刻および出生地を入力する必要があります。 どうしても出生時刻がわからないという方は、アセンダント(上昇宮)で判断するのが良いでしょう。 アセンダント(上昇宮)とは、あなたが生まれた時に東の地平線にあった星座を意味し、人から見たあなたの印象や外見を表しますので、周囲の人から見て最もわかりやすいあなたの特徴と言えるでしょう。
この特徴を見るためには、本質診断のページで、あなたの出生時刻を少しずつ変化させて「本質を診断」ボタンをクリックし、 ご自分の特徴にピッタリするの時刻を出生時刻としましょう。 自分が判断するとどうしても主観が入ってしまいますので、家族や友達などに客観的に評価してもらうのも良いでしょう。

ホロスコープ占星術で今日の運勢を占う

   あなたの生年月日、出生時刻、出生地、占う日を選択し、「今日の運勢を診断」ボタンをクリックして下さい。
占い結果はあなたの一日の運勢を如実に反映していますが、占いは科学ではなく疑似科学ですので完璧なものではありません。ポジティブ思考で自分の運勢と向き合って行きましょう。 そして、運勢が良い日には積極的に新たなことに挑戦し、運勢が悪い日には保守的に日常業務に励みましょう。

生年月日の選択


出生時刻の選択

 時  分

出生地(最寄の都市)の選択

占う日の選択

  の運勢

ホロスコープ占星術による今日の運勢の占い方

   下図は、今、東京で生まれた人のホロスコープです。 ホロスコープとは地球から見上げた12星座と10惑星を配置した天球図のことですが、ホロスコープを読むためには、いくつかの用語や決まりごとがありますので、 ホロスコープの解説図 をご覧ください。 この図の通り、ホロスコープは地球を中心として、惑星、星座およびハウスで構成されています。 太陽、月に関しては惑星ではありませんし、冥王星も2006年に準惑星に降格になりましたが、ホロスコープ占星術では全て惑星として扱います。

今(2018年11月16日 6時55分)東京で生まれた人のホロスコープ

ハウスカスプおよび惑星の角度情報

ハウス星座と角度惑星星座と角度
1 Scorpio (さそり) 座 26.64°Sun 太陽 Scorpio (さそり) 座 23.49°
2 Sagittarius 射手(いて)座 27.09°Moon Aquarius 水瓶(みずがめ)座 26.64°
3 Aquarius 水瓶(みずがめ)座 1.38°Mercury 水星 Sagittarius 射手(いて)座 13.40°
4 Pisces (うお) 座 6.69°Venus 金星 Libra 天秤(てんびん)座 25.25°
5 Aries 牡羊(おひつじ)座 8.35°Mars 火星 Aquarius 水瓶(みずがめ)座 30.00°
6 Taurus 牡牛(おうし)座 4.56°Jupiter 木星 Sagittarius 射手(いて)座 1.64°
7 Taurus 牡牛(おうし)座 26.64°Saturn 土星 Capricorn 山羊(やぎ)座 6.28°
8 Gemini 双子(ふたご)座 27.09°Uranus 天王星 Aries 牡羊(おひつじ)座 29.65°
9 Leo 獅子(しし)座 1.38°Neptune 海王星 Pisces (うお) 座 13.73°
10 Virgo 乙女(おとめ)座 6.69°Pluto 冥王星 Capricorn 山羊(やぎ)座 19.32°
11 Libra 天秤(てんびん)座 8.35°
12 Scorpio (さそり) 座 4.56°

アスペクト情報

Sun
SquareMoon
Mercury
TrineVenus
SquareConjunctionTrineMars
SquareSquareJupiter
Saturn
SextileOpositionSextileTrineUranus
SquareNeptune
SextileSquareSextilePluto
ConjunctionSquareSquareConjunctionASC
SquareOpositionSquareTrineTrineOpositionMC

アスペクト記号

【安易アスペクト】
  Trine : トライン(120度)
  Sextile : セクスタイル(60度)
【困難アスペクト】
  Oposition : オポジション(180度)
  Square : スクエア(90度)
【惑星によって安易と困難が分かれるアスペクト】
  Conjunction : コンジャンクション(0度)
※古典的には、安易アスペクトは吉角、困難アスペクトは凶角と呼ばれていました。 しかし、変化の激しい現代において吉角・凶角という呼び方は的を得ていない場合があります。 競争社会で相手に打ち勝って成功するケースでは吉角ではなく、むしろ凶角の方が現われやすくなります。 反面、日々何事も無く安易に過ごせる方には、吉角が現われやすくなりますが、努力を怠りがちになります。 このため、本サイトでは吉角・凶角とは呼ばず、「安易アスペクト」・「困難アスペクト」と呼びます。

ホロスコープ概説

   ホロスコープの外周には、太陽の見かけの通り道である黄道に、春分点を起点として山羊座から魚座までの12星座が30度ごとに配置されています。 また、12星座の内側は、12のハウス(House)に分割されていて、各ハウスの分割線(境界線)はハウスカスプ(House Cusp)と呼ばれ、そのハウスの開始線を意味しています。 そして、角度は反時計回りに計りますので、例えば、第1ハウスと第12ハウスの分割線は第1ハウスカスプ(第1ハウスの開始線)、第9ハウスと第10ハウスの分割線は第10ハウスカスプ(第10ハウスの開始線)と呼ばれます。
また、ホロスコープ占星術を実施する時の重要な要素である角度情報は、「ハウスカスプおよび惑星の角度情報」に記されています。 即ち、各ハウスカスプがどの星座の何度に位置するかという情報が左の列に表示され、各惑星がどの星座の何度に位置するかという情報が右の列に表示されています。
さらに、地球から見た2つの惑星がなす角度はアスペクトと呼ばれ、ホロスコープ占星術では非常に重要な意味を持ちますので、「アスペクト情報」として別表に表示されています。 アスペクトには、トライン(Trine:120度)、セクスタイル(Sextile:60度)と呼ばれる安易アスペクト、オポジション(Oposition:180度)、スクエア(Square:90度)と呼ばれる困難アスペクト、 およびコンジャンクション(Conjunction:0度)と呼ばれる惑星によって安易アスペクトと困難アスペクトに分かれるアスペクトがあります。 古典的には、安易アスペクトは吉角、困難アスペクトは凶角と呼ばれていましたが、女性の社会進出が進んだ現代社会において吉角、凶角という呼び方は必ずしも適正な表現ではなくなっていますので、 本サイトでは安易アスペクト、困難アスペクトと呼んでいます。
全ての人は生まれた時のホロスコープを持っていますが、そのホロスコープは、その人が一生背負って行く運命を表していると言っても過言ではないでしょう。 本サイトでは、ホロスコープ占星術の電脳占い師でもある占い師・麻衣が、読みこぼしたり、読み間違えたりすることなくあなたが背負っている運命を読み取ってくれるでしょう。 あなたは、生年月日、出生時刻、出生都市を選択し、占いボタンをクリックするだけです。 なお、ホロスコープについて、さらに詳しい情報をお知りになりたい方は、 ホロスコープとは をご覧下さい。

ホロスコープ占星術による今日の運勢の占い方

   本サイトでは、ホロスコープ占星術の「トランジット(Transit)法」によりあなたの現在の運勢を占います。 天を運行する惑星は、ホロスコープ上で黄道12星座を巡りながら出世時のホロスコープ上の惑星を通過(トランジット)して行きますが、 出世時の惑星(以下、出生の惑星と呼びます)との角度(アスペクト)は時々刻々と変化して行きます。
上述の通り、地球から見た2つの惑星がなす角度(アスペクト)はホロスコープ占星術では非常に重要な意味を持っていますが、運行する惑星と出生の惑星がなすアスペクトも重要な意味を持っています。 そして、トランジット法では、10惑星全ての組み合わせに関して、運行する惑星と出生の惑星がなすアスペクトを計算し、これらの惑星間のアスペクトにより定められた吉凶のルールにより、 恋愛・結婚運、金銭・財産運、学問・仕事運および総合運を100点満点で点数化して今日の運勢としています。

運勢の低迷期に備える

   上述の通り、ホロスコープ占星術におけるあなたの運勢は、出生の惑星と運行する惑星により決まる訳ですが、その中でもゆっくり運行する大惑星である木星(運行周期11.86年)と土星(運行周期29.46年)が、 出生の惑星に悪い影響を与える運勢の低迷期には、全ての運気が急激に下降し、あなたの周囲で想定外のトラブルが発生することが多くなり、判断を誤る事も多発するでしょう。
東洋占星術の六星占術では、12年ごとに訪れる大殺界が、木星による運勢の低迷期に該当しています。 この運勢の低迷期に最も重要なことは、できるだけ保守的な生活を心がけることですが、それ以外にもいくつかの心得が必要でしょう。 運勢の低迷期を無事に乗り越えるために必要な心得の詳細は、 簡単四柱推命における大殺界の心得 をご覧下さい。
また『最近どうも運気が悪い』あるいは『大殺界を無事乗り越えたい』という方は、古代の王や王妃のようにパワーストーンなどの開運グッズや開運アクセサリを味方につけてみてはいかがでしょうか!? パワーストーンには、その種類により恋愛運アップ、金運アップ、仕事運アップ、学問運アップ、健康運アップ、邪気払いなどの効果があると言われています。 パワーストーンの選び方や効果についてお知りになりたい方は、 パワーストーンとは をご覧下さい。

表示: スマホ | 標準(PC・Tablet)
運営会社情報 | プライバシー・ポリシー
Twitter Twitter Facebook GooglePlus Mail

* 無断転載禁止。
* どのページでもご自由にリンクして下さい。
* ご意見・ご質問等は 占い掲示板に投稿して下さい。 無料SEO対策 -153.121.91.33。