風水と方角

占い師・麻衣
占い師・麻衣
   風水(ふうすい)は、都市、住居、墓などの方角の吉凶を占うため、中国で古くから用いられてきた手法であり、 我々が持つ人の気と天地の気のバランスを調整することにより、我々の運気を最大限に高めることができる手法です。
『気』は風により散り、水により集められますが、『気』の流れを読み、風と水を操作することにより良い気(旺気や生気)が溜まるように都市や住宅を建造しなければならないというのが 陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)に由来した風水の思想です。 風水は、平安京や江戸などの都市建設にも応用されて来ており、 現代社会においても、建築物を建造する土地の選定、住宅や建築物の方位の吉凶、あるいは個人個人の方角・色・物の吉凶を占うために使用されています。

風水の方角と家相の方角の違い

   最近、風水ブームの影響で、風水に関する混乱した知識を持たれた方が書籍を出版され、誤解を招いているように思います。 混乱を避けるため、まず中国古来の五行陰陽説に基づく正しい風水の見分け方について記述しておきます。 風水では、建物や人の生年月日・性別から開運の方角が決まります。
これに対して、建築年月日に関係なく「東北は鬼門で縁起が悪い」等と記述されているのは、日本で発達してきた「家相」であり、風水とは一線を画します。 また、一時、タレントの細木数子氏で有名になった六星占術の書籍では、星人別に開運の方角が示されていますが、風水における開運の方角とは全く異なります。

開運の方角を知るための風水手法

   風水には何百種類とも言われる多くの流派がありますが、比較的主流となっている開運の方角を知るための風水手法は、『飛星派(玄空派)風水』と『八宅派風水』でしょう。 飛星派(玄空派)風水は風水のグローバルスタンダードであり、住宅の方角や部屋の方角の鑑定に最も頻繁に使用されている風水手法です。 貴方の住宅の方角や部屋の方角鑑定を行いたい方は、飛星派風水で住宅開運 をご活用下さい。
八宅派風水では幸運の方角は生年月日や性別により異なりますが、飛星派風水では、住宅の完成年月日、現在の年月日、住宅の向き(宅向)、周辺の環境により変化します。
また、住宅の地形や立地条件、玄関の環境、仕事部屋の机の配置場所や方角、寝室のベッドの配置場所や方角の吉凶を鑑定する風水手法は、 飛星派風水にも取り込まれている巒頭(らんとう)風水をベースにした風水手法です。 巒頭風水により、住宅や玄関の地形や立地条件、あるいはオフィスや寝室の配置場所や方角に関する吉凶を診断したい方は、 住環境を鑑定 - 巒頭風水 をご活用下さい。

八宅派風水による開運の方角

   本サイトでは、台湾やシンガポールで広く普及している八宅派風水による方角診断をご提供します。 八宅派風水では、中国古来の八つの基本図形 八卦(はっけ) 、即ち (けん)(こん)(しん)(そん)(かん)()(ごん)() を用います。「当るも八卦、当らぬも八卦」の八卦です。
また、八宅派風水では、あなたの生年月日と性別から、9年周期の本命卦(ほんめいか)が決まります。 本命卦は八卦の1つが重複して使用されるため8年ではなく9年周期になります。 この本命卦が方角の吉凶を表し、八つの方角がそれぞれ意味を持つことになります。
風水による開運の方位・方角は、中国五千年の歴史のみならず日本でも定評があり、 「陰陽師(おんみょうじ)」でおなじみの平安時代から都市造りに活用されて来ました。 あなたも、風水による開運の方角 をご活用下さい。


表示形式: モバイル | 標準(PC・Tablet)
運営会社情報 | プライバシー・ポリシー
@shin7077さんをフォロー


* 無断転載禁止。
* どのページでもご自由にリンクして下さい。
* ご意見・ご質問等は 占い掲示板に投稿して下さい。 無料SEO対策 無料SEO対策 -153.121.91.33。