飛星派風水で住宅開運風水で快適な住環境

方位 みずのえ宅・第六運完成住宅の2008年(第八運)における診断結果

飛星派風水による住宅方位 みずのえ宅・第六運完成住宅の2008年(第八運)における診断結果
飛星派風水で住宅診断 - 健康運・金運アップの風水開運処方も!
東洋・西洋占星術 タロットカードで無料占い
夢の夢占い 無料姓名判断で読み解く運命
キングをたたけ
Twitter Twitter Facebook GooglePlus Mail

診断時期第八運の望ましい地形 ・・・ 山と水の方位

風水師・有希
風水師・有希
   診断する時期である第八運は、 住宅の完成時期や方位に関係なく、神聖な1方位(最も幸運な方位)が北東であり、 神聖な0方位(最も縁起の悪い方位)が南西になります。 このため、北東方向に山が見られれば、この住宅は健康運に恵まれ、 南西方向に水(海、川、湖、プールなど)があると金運に恵まれます。
逆に、山が南西方向にあると、健康運には恵まれず、 水が北東方向にあれば、金運には恵まれません。 このような場合には、庭の北東方向に盛り土をし、 庭の南西方向に水がめあるいは池を配置することにより改善することが可能です。 この対策は屋内ではなく、屋外で実施することにより効果を発揮します。

住宅の情報および診断する時期の変更

住宅の方位名称
住宅の完成年月日  
診断する年月日  
飛星図の調整 角度 :  サイズ : 
住宅の方位名称・完成年月日・診断したい年月日を選択し、『飛星図を更新』ボタンをクリックして下さい。 お好みにより、飛星図の角度とサイズをお選び下さい。
方位 壬(みずのえ)宅・第六運完成住宅の2008年(第八運)における診断結果 - 飛星派風水で住宅開運 時飛星・山飛星・水飛星・年飛星の配置
図1 飛星図 - 住宅の方位名称:みずのえ宅、住宅の完成時の三元九運:第六運、診断する年:2008年(旧暦)

住宅の方位・完成時期に基づく診断結果

住宅の方位・完成時期および診断時期に関する基本情報

表1 住宅の方位・完成時期および診断時期に関する基本情報
住宅の方位名称みずのえ宅 (北) 宅向ひのえ (南)
住宅完成時の三元九運第六運 診断日の三元九運と年第八運・2008年(旧暦)
神聖な1方位(吉方位)北東 神聖な0方位(凶方位)南西
旺気(大吉)の飛星八白土星 生気(吉)の飛星九紫火星
進気(小吉)の飛星一白水星

山飛星・水飛星による住宅診断と処方

  診断日である第八運に最も吉星である八白土星は、山飛星として北東に回座しています。また八白土星は、水飛星として東に回座しています。
座山の方位みずのえは北に属し、宅向の方位ひのえは南に属します。幸運の星である八白土星は、座山の山飛星でも宅向の水飛星でもありませんので、一般的には、健康運・財運共に恵まれているとは言えません。ただし、山飛星が回座する北東方位に山が見られれば健康運に恵まれ、水飛星が回座する東方位に水(道路でも可)があれば健康運に恵まれます。もし、北東方位に山がなければ、この方位に盛り土を施すことにより健康運は回復し、東方位に水が無い場合には、この方位に水槽や噴水を設置することにより財運は回復するでしょう。
山飛星が回座する北東方位に棚や大きな家具を置くことにより、この方位の部屋に『陰の気(静的な女性の気)』がさらに満たされます。この方位の換気は必要最小限にして、陰の気が風により散らされないよう注意しましょう。また、山飛星が回座する北東方位には寝室など体を休める部屋を設けることにより健康運がアップします。
水飛星が回座する東方位の窓をできるだけ開放し、水飛星の『陽の気(活動的な男性の気)』を取り入れましょう。また、東方位にはアクティブな居間・ダイニングあるいは事務所を配置すると、陽の気により財運がアップするでしょう。

山飛星・水飛星から見る寝室、リビング・事務所に適した部屋

   寝室など体を休める部屋としては、その三元九運において旺気(大吉)を持つ山飛星が回座する方位がベストです。 『陰の気(静的な女性の気)』が満たされていますので、ゆっくり休養でき、健康運がアップします。 また、生気(吉)あるいは進気(小吉)を持つ山飛星が回座する方位も、同様に陰の気が満たされていますので寝室に適しています。
また、リビング、ダイニングあるいはオフィスの事務所としては、その三元九運において旺気(大吉)を持つ水飛星が回座する方位がベストです。 『陽の気(活動的な男性の気)』により、活力が湧き、財運(金運)に恵まれます。 また、生気(吉)あるいは進気(小吉)を持つ水飛星が回座する方位も、同様に陽の気が満たされていますので、 リビング、ダイニングあるいはオフィスの事務所に適しています。
ご指定の住宅の寝室、あるいはリビング・ダイニング・オフィスの事務所に適した方位は表2の通りです。
表2 住宅の寝室、あるいはリビング・ダイニング・オフィスの事務所に適した方位
寝室に適した部屋の方位 1位(山飛星が旺気の部屋)北東
2位(山飛星が生気の部屋)西
3位(山飛星が進気の部屋)北西
リビング、ダイニング
あるいは
オフィスの事務所に適した部屋の方位
1位(水飛星が旺気の部屋)
2位(水飛星が生気の部屋)南東
3位(水飛星が進気の部屋)中宮

時飛星・年飛星が山飛星に及ぼす影響 ・・・ 健康運

   三元九運ごとに回座位置を変える時飛星や、毎年回座位置を変える年飛星は、 五行の相互関係により 山飛星の活動を強めたり、妨害することにより、健康運に影響を及ぼします。
時飛星と年飛星が揃って山飛星の活動に悪い影響を及ぼす場合は特に注意が必要ですが、 どちらか一方が山飛星の活動に悪い影響を及ぼす場合でも、状況に応じて悪影響が出ることがありますので注意が必要です。 ただし、個人の運気が強ければ、住宅の運気の影響を受けないこともありますので、 東洋・西洋占星術で、個人の運気も調べてみましょう。

時飛星が山飛星に及ぼす影響

  山飛星として北東方位に回座している第八運の吉星である八白土星は、同じ北東方位に回座している時飛星・九紫火星の影響を受け、五行相生の『火生土』により、第八運には活動が活発になりますので、地理的条件さえ整っていれば健康運はさらに向上することが期待できます。

年飛星が山飛星に及ぼす影響

  山飛星として北東方位に回座している八白土星は、同じ北東方位に回座している年飛星・四緑木星の影響を受け、五行相剋の『木剋土』により、2008年には活動が妨害されますので、地理的条件が整っていたとしても健康運は悪化することが予想されます。
健康運を回復するためには、四緑木星を五行逆生により弱める処方が効果的です。四緑木星を五行逆生により弱めるには、『火逆木』ですので、白熱電球、キャンドル、LEDなどのライトや電化製品などの『火』を北東方位に配置します。これは同時に、四緑木星が相剋により弱める八白土星を、五行相生により強めて助ける効果も持っています。また、五行相剋により弱められている八白土星を、五行比和により強めるため、陶磁器、水晶(土性と考えられている)、鉢植え、盛り土、岩などの『土』を北東方位に配置するのも効果的です。

時飛星・年飛星が水飛星に及ぼす影響 ・・・ 財運(金運)

   時飛星あるいは年飛星が山飛星に及ぼす影響と同様、 五行の相互関係により 水飛星の活動を強めたり妨害することにより、財運(金運)に影響を及ぼします。
健康運の場合と同様、時飛星と年飛星が揃って水飛星の活動に悪い影響を及ぼす場合は特に注意が必要ですが、 どちらか一方が水飛星の活動に悪い影響を及ぼす場合でも、状況に応じて財運に悪影響が出ることがありますので注意が必要です。

時飛星が水飛星に及ぼす影響

  水飛星として東方位に回座している第八運の吉星である八白土星は、同じ東方位に回座している時飛星・四緑木星の影響を受け、五行相剋の『木剋土』により、第八運には活動が妨害されますので、地理的条件が整っていたとしても財運(金運)は悪化することが予想されます。
財運を回復するためには、四緑木星を五行逆生により弱める処方が効果的です。四緑木星を五行逆生により弱めるには、『火逆木』ですので、白熱電球、キャンドル、LEDなどのライトや電化製品などの『火』を東方位に配置します。これは同時に、四緑木星が相剋により弱める八白土星を、五行相生により強めて助ける効果も持っています。また、五行相剋により弱められている八白土星を、五行比和により強めるため、陶磁器、水晶(土性と考えられている)、鉢植え、盛り土、岩などの『土』を東方位に配置するのも効果的です。

年飛星が水飛星に及ぼす影響

  水飛星として東方位に回座している八白土星は、同じ東方位に回座している年飛星・八白土星の影響を受け、『土と土』の五行比和の関係により、2008年には活動が活発になりますので、地理的条件さえ整っていれば財運(金運)はさらに向上することが期待できます。
  
表示形式: 標準(PC・Tablet) | モバイル

* 無断転載禁止。
* どのページでもご自由にリンクして下さい。
* ご意見・ご質問等がございましたら こちらからメールをご送付下さい。