飛星派風水で住宅開運風水で快適な住環境

宅向・座山の方位を読む

住宅見取り図の磁北を風水方位盤合わせて置宅向・座山の方位を読む
飛星派風水で住宅診断 - 健康運・金運アップの風水開運処方も!
東洋・西洋占星術 タロットカードで無料占い
夢の夢占い 無料姓名判断で読み解く運命
神経衰弱
  

宅向・座山の方位を読む

風水師・有希
風水師・有希
   住宅の宅向と座山の方向が決まり、住宅の中心も求められていれば、次は、宅向と座山の方位を風水方位盤から読み取ります。 風水方位盤の中心を住宅見取り図の中心に、住宅見取り図の磁北を風水方位盤の北(N)に合わせて置き、宅向・座山の方位を読み取りるだけでOKです。
ここで注意して頂きたいのが、宅向・座山が、24方位のちょうど中間点にぴったり合致し、どちらか判別できない場合です。 このような場合は、『差錯』と呼ばれ、住宅は使用者に精神的な混乱をもたらす可能性があります。 特に、8方位の境界に合致した場合は、『陰陽差錯』と呼ばれ、その住宅に住むことにより、精神面・健康面でのダメージを受けることがあります。
もし、『差錯』あるいは『陰陽差錯』となった場合には、もう一度正確なコンパスで磁北の方位を測定してください。 それでも変化が無い場合には、『差錯』あるいは『陰陽差錯』を念頭に置いて注意して下さい。 『陰陽差錯』の場合、まだ住宅に住んでいないのであれば、住むことはお勧めできません。

宅向・座山の方位読み取り例

   ここでは、実際に宅向と座山を読み取ってみましょう。 風水方位盤の中心を住宅見取り図の中心に、住宅見取り図の磁北を風水方位盤の北(N)に合わせて置いた図1 から、 この住宅の宅向の方位は『ひのと』、 座山の方位は『みずのと』であることがわかります。
風水方位盤 のページに示した通り、住宅の座山が指し示す方位により、住宅の呼び名が付けられますので、 この住宅は、『かん宅グループ(北)』の 『みずのと宅』となります。
宅向・座山の方位測定例
図1 宅向・座山の方位測定例
表示形式: 標準(PC・Tablet) | モバイル

* 無断転載禁止。
* どのページでもご自由にリンクして下さい。
* ご意見・ご質問等がございましたら こちらからメールをご送付下さい。