白い鹿の夢(ID:11610)- 夢占い掲示板

夢占い師・夢
夢占い師・夢
   このページは、たまさんが夢占い掲示板に投稿された 『メッセージ11610.白い鹿の夢』に関連する投稿ページです。
   夢占い掲示板は、あなたの見た夢を夢診断できる掲示板です。 自分の見た夢について夢診断して欲しい、自分で夢診断したけれども自信が無いという方は、投稿して下さい。 また、他の方の夢についてコメントや夢診断することもできます。
夢診断に対するフィードバックのコメントを頂けるととても励みになります。 夢診断の的中率をアップするためにも、ぜひフィードバックのコメントをお願いします。
皆さんが気持ちよく利用できるよう、 夢占い掲示板の使用ルール を守って、掲示板の入力・編集フォーム から投稿してください。

掲示板メッセージ11610に関連するメッセージ

【最新の掲示板メッセージ一覧表示に戻る】
【表示範囲】メッセージ1~メッセージ1(全 1メッセージ中) 
※投稿後1週間は、投稿時のパスワードを入力すれば、メッセージを編集・削除することができます。

11610.白い鹿の夢 

たまさん 東京都 / 35歳 / 男性 ・・・   パスワード:
  非常に象徴的で印象深い夢を見ましたので、是非夢判断をお願い致します。
私は旅先の草原にいます。と言っても、美しい草原と言うよりは荒野と言った感じの場所です。
遠くに美しい白い鹿の群れがいます。私は動物好きなので、微笑ましく観察していました。ところが、群れの中の一際立派な角を持ったリーダーらしき白い男鹿が、私を見て近付いて来ます。その角は鋭い感じではなく、毛が生えてモフモフでした。
刺激してしまったかな?と思いその場を離れますが、男鹿は私を追ってきます。私は走って逃げますが、すぐに追いつかれてしまいます。
男鹿は角を突き立てて襲ってきます。私は覚悟を決め、男鹿と対決します。私は男鹿の首を捕まえて、足払いをして男鹿を地面に倒し、背中に乗ります。私を背に乗せたまま立ち上がった男鹿は、ロデオのように私を振り落とそうとします。私はムツゴロウさんのように男鹿をなだめます。すると、だんだん男鹿は落ち着いてきて、大人しくなります。最終的に、私と男鹿はとても仲良くなります。
男鹿は私を背に乗せたまま、群れへ戻ります。他の白い鹿達も、私を受け入れてくれます。
可愛らしい鹿達をしばらく撫でたりして愛でていますと、男鹿の意思がなんとなく伝わってきます。男鹿は私を自分の代わりに群れのリーダーにしたいと思っているようです。しかし、私は人間ですので、人間の世界に戻らなければなりません。私は名残惜しみながら、群れを離れます。そんな私を、男鹿は寂しそうに見つめていました。

美しい男鹿がとても印象的な夢でした。肌触りもよく、思う存分よしよししてあげられたのがとても楽しかったです。
【表示範囲】メッセージ1~メッセージ1(全 1メッセージ中) 


ページトップへ

人気の夢診断

感情による夢占い

感情による夢占い
  夢の中で自分が抱いた感情は夢診断をする上でとても重要です。夢の中で抱いた感情に該当する項目がある場合は、その感情から夢の本質を調べてみましょう。

表示: スマホ | 標準(PC・Tablet)
運営会社情報 | プライバシー・ポリシー
Twitter Twitter Facebook GooglePlus Mail

* 無断転載禁止。
* どのページでもご自由にリンクして下さい。
* ご意見・ご質問等がございましたら こちらからメールをご送付下さい。 無料SEO対策 -153.121.91.33。