睡眠障害を克服する - 占いと健康ブログ

占いと健康ブログ メニュー


睡眠障害を克服する - 占いと健康ブログ

夢占い師・夢
   本サイトは、ホロスコープ占星術、六星占、風水、分子整合栄養医学、健康、乗馬、旅行などの情報発信をするブログです。 これらの情報興味のある方は、ぜひお立ち寄りください。

睡眠障害を克服する

2011年07月08日 09時13分
  最適な睡眠時間は個人により異なりますが、100万人以上を対象に行われた米国の研究では 6.5~7.5時間 の睡眠をとっている人が最も死亡率が低いという結果が出ています。睡眠において重要なことは、あなたがすっきり目覚めて、日中に眠気を感じず、仕事や学習に専念できるということです。 あなたの睡眠を助ける習慣として以下の項目が挙げられます。 熟睡できるよう、あなたの週間を見直してみてはいかがでしょうか。
  1. 朝日を浴びて体内時計をリセットする ・・・ 人間は体内時計を持っており、この体内時計の長さは人により異なります。そして、この体内時計は、目から入る強い光によってのみリセットされます。 したがって、毎朝規則的に起床し、太陽の光を浴びて体内時計をリセットすることが大切です。 そして、朝日を浴びれば、約14時間後には、メラトニン濃度が上がり、自然に眠気を感じるようになります。 曇りの日でも、屋外の照度(明るさ)は、蛍光灯の光に比較して、かなり強いですので、曇りの日でも自然光を浴びるよう心がけましょう。 また、夜中に目が覚めてしまった時、照明の光が目に入らないよう、寝室の照明は消すよう心がけましょう。
  2. 適度な運動をする ・・・ ある程度の時間、運動を続けると、エンドルフィン(endorphin)という神経伝達物質が分泌されることが知られています。 エンドルフィンは、モルヒネよりも強力な鎮痛作用、鎮静作用、免疫系の活性化、多幸感をもたらすなど、様々な効果があります。 したがって、睡眠時刻より3~5時間程度前の、夕方から夜にかけて適度な(30分以上の)運動をすると、 睡眠時にリラックスでき、ストレスが緩和し、穏やかになれますので、あなたの熟睡を助けてくれるでしょう。 また、性行為によってもβ-エンドルフィンが分泌されることが知られていますので、同様の効果が期待されます。
  3. ストレスホルモンの分泌を抑制する ・・・ 運動はストレスホルモンの分泌も抑制しますが、その他にもストレスホルモンの分泌を抑制する方法があります。
詳しくは、睡眠障害を克服するをご覧ください。


運営会社情報 | プライバシー・ポリシー
@shin7077さんをフォロー

* 無断転載禁止。
* どのページでもご自由にリンクして下さい。
* ご意見・ご質問等がございましたら こちらからメールをご送付下さい。 無料SEO対策