手相占いで未来診断無料手相占いで貴方の未来を診断

エロスな恋愛度を診断・知能線の起点-B・知能線の終点-D・感情線の終点-C・感情線の分岐-A・金星丘-C・金星帯-B

無料手相占いでエロス(Eros)な恋愛度と相性の良い相手をを診断
手相の見方も詳しく解説!
東洋・西洋占星術 タロットカードで無料占い
夢の夢占い 命名の姓名判断
Twitter Twitter Facebook Mail

手相でエロスな恋愛度の診断結果の概要

手相占い師・明日香
手相占い師・明日香
   手相占いにより、あなたまたはあなたの相手の『エロスな恋愛度』および相性の良いタイプの診断結果です。 エロスな恋愛 とは、カナダの社会学者で心理学者のジョン・アラン・リーが分類した恋愛の6タイプの内の一つの恋愛タイプで、 『美を求める愛』のことです。
人にはそれぞれに適した恋愛のタイプがありますので、どれが良いとか、どれが悪いとは言えません。 手相占いにより、ご自分の恋愛のタイプを把握し、良いと思う所は伸ばし、悪いと思う所は改めるように活用するのが診断結果の最良の活用法です。 自分が悪い所を改めるように努力すれば、自ずと手相も変化して行きます。
恋愛の6タイプの中で、どの恋愛タイプがどの程度強く表れているかをお知りになりたい場合は、 恋愛運占い で占ってください。

手相でエロスな恋愛度の診断結果

【 エロスな恋愛度および総合コメント 】

   手相占いによる『エロスな恋愛度』および相性の良いタイプの診断結果です。
あなたのエロスな恋愛度 : 55 %
あなたのエロスな恋愛度は中程度ですので、現実的な考え方とロマンティックな考え方のバランスがある程度取れた方だと思います。 ただ、個別の手相線から見た恋愛の特徴全てにおいてバランスが取れているとは限りませんので、 以下の個別の手相線から見た恋愛と相性の特徴をお読みになり、 改善したい所は改善し、伸ばしたい所は積極的に伸ばすよう心がけて下さい。

1.知能線の起点・終点から見る恋愛と相性の特徴

知能線の起点から見る恋愛と相性の特徴

   知能線の起点は一般的なタイプですので、特に積極的でも消極的でもない思考力と行動力のバランスが取れた方です。 ただ、知能線の起点が、親指と人差し指の中間より人差し指側にあるという方は、やや自己顕示欲が強く協調性に欠ける傾向がありますので、 このような手相線をお持ちの方は言動に注意する必要があります。
また、このタイプの方は、知能線の起点だけでは相性の良いタイプは特定できません。他の手相線のコメントも併せてお読み下さい。

知能線の終点から見る恋愛と相性の特徴

   知能線が月丘の中央から下部へ伸びている方は、優れた芸術センスと創造力の持ち主ですので、芸術家、作家、演出家などに適している方です。
このタイプの方は、ロマンチストで空想家でもありますので、 エロスな恋愛タイプ あるいは マニアな恋愛タイプ と相性が良いでしょう。 アガペな恋愛タイプ の方でもあなたに合わせてくれますので、良好な相性を保つことが可能でしょう。

2.感情線の分岐から見る恋愛と相性の特徴

   感情線から上向きの支線が3本以上出ている方は、前向きに積極的に行動する明るい方です。 恋愛も前向きに考え積極的に行動しますので、相手にも好印象を与えます。 このタイプの方は、相手がどのようなタイプであってもある程度良好な相性を保つことが可能です。

3.金星丘から見る恋愛と相性の特徴

   愛情の丘と呼ばれる金星丘に格子状の線が殆どありませんので、金銭感覚が優れており、現実主義的な考え方をする方です。 結婚相手を選ぶ場合も、恋愛感覚よりも経済的・社会的な現実を重視しますので、恋愛相手とのロマンティックなムードは盛り上がりません。
このタイプの方は、相手も現実主義的な考え方をする プラグマな恋愛タイプ の方と相性が良いでしょう。 また、 アガペな恋愛タイプストルゲな恋愛タイプ でもある程度良好な相性を保つことが可能ですが、本来、ロマンティストではないので相手に多少の不満を与えてしまう可能性もあります。

4.金星帯から見る恋愛と相性の特徴

   途切れた金星帯が1本以上ある方は、美的センスが良く異性に人気がありますが、気分にムラがあり、移り気なタイプです。
このタイプの方は、美人で色気のあるタイプを好みますが、移り気ですので長続きはしません。 同じタイプの ルダスな恋愛タイプ の方との恋愛であれば後々問題が発生せず、無難な恋愛を楽しむことができるでしょう。 エロスな恋愛タイプ の方との相性もよいのですが、長くは続かないでしょう。 また、 アガペな恋愛タイプ の方との恋愛は相手を傷つけますので慎みましょう。
表示形式: 標準(PC・Tablet) | モバイル
---------- 【リンク・連絡先等について】 ----------