ホロスコープの読み方

ホロスコープの読み方について初歩から解説
神経衰弱
  
♪ 東洋・西洋占星術にスマートフォンサイト登場 - 東洋・西洋占星術-mobile

ホロスコープの読み方について解説 ・・・ 西洋占星術

占い師 麻衣
占い師・麻衣

基本的なホロスコープの読み方

   西洋占星術は非常に緻密に組み立てられており、 その代名詞とも言えるホロスコープは非常に多くの情報を含んでいるため、 ホロスコープの読み方には様々な方法があり、またかなり複雑です。 本サイトでは、ホロスコープの読み方・作成方法をほとんど知らない方でも、 ご自分の運命や恋人との相性を占えるようになっていますが、 ホロスコープの読み方・作成方法を知ることにより、 占い結果に対してさらに理解が深まるため、占いをより楽しむことが出来るようになるでしょう。 ここでは、まず、最も基本的なホロスコープの読み方について解説します。
   ホロスコープは、惑星、星座およびハウスで構成されています(太陽、月、冥王星 は惑星ではありませんが、ホロスコープ占星術では惑星として扱います)。 これらの構成要素の意味は、以下の通りです。 すなわち、ホロスコープ上の、どの惑星が、どの星座にあり、どのハウスに属するかによって、 『惑星が表すあなたの基本的な「機能」が、星座が表す「特徴」を持ち、 ハウスが表す「分野」で発揮される』と読みます。 ここで、注意すべきことは、惑星と星座の関係は比較的ゆっくり変化しますが、惑星とハウスの関係は地球の自転に伴って変化します。 したがって、ハウスを使用する場合、すなわち、どういった分野で自分の力が発揮できるかを知る場合には、生まれた時刻が重要になります。

ホロスコープの読み方・・・その1:惑星が表す基本的な「機能」のキーワード

   ホロスコープ上の惑星が表す基本的な「機能」のキーワードの読み方は、以下に示す通り、 「個性を表す惑星」、「社会との関係を表す惑星」および「社会や個人の長期的な運命の流れを表す惑星」の3種類に分類されます。
<個性を表す惑星> <社会との関係を表す惑星> <社会や個人の長期的な運命の流れを表す惑星>

ホロスコープの読み方・・・その2:星座が表す「特徴」のキーワード

   ホロスコープ上の星座が表す「特徴」のキーワードの読み方は以下のようになります。 これらのキーワードは、後で説明する支配星が授けたものです。

ホロスコープの読み方・・・その3:ハウスが表す「分野」のキーワードと活躍分野・職業

   ホロスコープ上のハウスが表す「分野」のキーワードと活躍分野・職業の読み方は、以下のようになります。

ホロスコープの読み方・・・その4:惑星が複数入ったハウス(分野)と全くないハウス(分野)の占い方

   ホロスコープを制作した時、3個以上の惑星が1つのハウスに集中している場合は、あなたの意識がその分野に強く向かっていることを表します。 また、複数の惑星が入ったハウスの場合は、そのハウスのカスプに最も近い惑星の影響力をが最も大きいので、 最もカスプに近い惑星でホロスコープの読み方が決まります。
   逆に、ハウスに惑星が全くない場合、あなたの意識がその分野に向きにくい、あるいは一時的に向いても継続しにくい、ことを示しています。 このような場合、惑星がハウスにある場合に比較して多少弱くはなりますが、 そのハウスのカスプが位置している星座の支配星でホロスコープの読み方が決まります。 支配星とはその星座を管理し、運命を授けている惑星のことで、それぞれ惑星の特徴を引き継いでいます。 例えば、天秤座の穏やかな性格は金星の愛情から授かったものであり、山羊座の責任や慎重さは土星の厳格さ・厳しさから授かったたものです。
天王星、海王星、冥王星の発見以降、 水瓶座、魚座、蠍座に関しては配置換えになりました。配置換え以降の支配星を「主星」、以前の支配星を「副星」と呼びます。
 各星座の支配星は以下の通りです。

ホロスコープの読み方・・・その5:惑星には吉凶がある!?

   吉星をベネフィック(benefic:恩恵を施す)、凶星をマレフィック(malefic:害をなす)と呼び、以下のように分類されます。 水星は知性の使い方次第でで、吉星にも凶星にもなります。
   ここで、注意して頂きたいのが、吉星、凶星という呼び方が必ずしも正しくない点です。 吉星は何事も無くのほほんと過ごせる惑星(平穏無事の惑星)、 凶星は戦う力や自己変革力を与える惑星(波乱万丈の惑星)と考えるのが適切でしょう。 売れる芸能人、有能な政治家あるいは有能な実業家を目指すなら、吉星よりも凶星の方が良い影響を及ぼすことを忘れないで下さい。 凶星の影響が強い芸能人・政治家あるいは実業家は、苦難を伴いますが、それだけ自分を鍛え成長しますから、成功を収めることになる訳です。 このように、ホロスコープの読み方は、一種の連想ゲームのようなもので、 読む方のイマジネーションにより大きく変ってきます。

ホロスコープの読み方・・・その6:惑星には格式がある!?

   各惑星は、自分の本来の位置である支配星の星座に居る時に最もその力を発揮でき、これをデグニティ(dignity:品位)と呼びます。 また逆に、正反対の星座に居る時は弱点が強調され、これをデトリメント(detriment:害)と呼びます。 さらにこれ以外にも、影響力が強まる高揚(exaltation)と、弱まる衰退(infall)があり、 ホロスコープ上ではマークを色分けして表示しています(どれにも該当しない場合は黒色表示)。 徐々にホロスコープの読み方が複雑になってきますが、もう少しですので頑張ってください。
惑星の格式一覧表
格 式デグニティデトリメント高揚衰退
表示色
Aries 牡羊(おひつじ) Mars 火星 Venus 金星 Sun 太陽 Saturn 土星
Taurus 牡牛(おうし) Venus 金星 Mars 火星 Pluto 冥王星 Moon Uranus 天王星
Gemini 双子(ふたご) Mercury 水星 Jupiter 木星
Cancer (かに) 座 Moon Saturn 土星 Jupiter 木星 Mars 火星
Leo 獅子(しし) Sun 太陽 Saturn 土星 Uranus 天王星 Pluto 冥王星 Neptune 海王星
Virgo 乙女(おとめ) Mercury 水星 Jupiter 木星 Neptune 海王星 Mercury 水星 Venus 金星
Libra 天秤(てんびん) Venus 金星 Mars 火星 Saturn 土星 Sun 太陽
Scorpio (さそり) 座 Mars 火星 Pluto 冥王星 Venus 金星 Uranus 天王星 Moon
Sagittarius 射手(いて) Jupiter 木星 Mercury 水星
Capricorn 山羊(やぎ) Saturn 土星 Moon Mars 火星 Jupiter 木星
Aquarius 水瓶(みずがめ) Saturn 土星 Uranus 天王星 Sun 太陽 Neptune 海王星 Pluto 冥王星
Pisces (うお) 座 Jupiter 木星 Neptune 海王星 Mercury 水星 Venus 金星 Mercury 水星

ホロスコープで読むあなたの本質・基本的なキャラクター

   あなたの本質や基本的なキャラクターは、あなたが生まれた時のホロスコープにおいて、太陽のあった星座、 月のあった星座、およびアセンダント(上昇宮)を用いて、以下のような読み方をします。 ここで、具体的な内容は省略しますので、ご自分の情報を入力し、「本質を診断」ボタンをクリックして試してみて下さい。

ホロスコープで読むあなたの運命

 運命の読み方は、あなたが生まれた時のホロスコープのハウスに入っている惑星で読みますが、 これに関連して、非常に重要な読み方が、惑星同士あるいは惑星と主要なハウスカスプとがなすアスペクト(角度)の読み方です。
   アスペクトには、「安易アスペクト」と「困難アスペクト」があります。 古典的には、「安易アスペクト」は吉角、「困難アスペクト」は凶角と訳されてきました。 しかし、変化の激しい現代において吉角・凶角という呼び方は、必ずしも的を得ていない場合があります。 競争社会で相手に打ち勝って成功するケースでは吉角ではなく、むしろ凶角がうまく作用することもあります。 反面、日々何事も無く安易に過ごせる方には、吉角が現われやすくなりますが、安易に過ごせるため努力を怠りがちになるというアスペクトもあります。 このため、本サイトでは吉角・凶角とは呼ばず、原語に忠実に「安易アスペクト」・「困難アスペクト」と呼びます。 アスペクトは惑星同士あるいは惑星と主要なハウスカスプの組み合わせ分ありますので、量が膨大になります。 このため、これについてはここでは省略し、運命を占った結果に表われたアスペクトについてのみ表示するようにしています。 ご自分の情報を入力し、「運命を診断」ボタンをクリックして、ご自分の占い結果のページを表示させれば、 該当するアスペクトに関連するコメントのみ自動的に表示されますので、どなたでも容易に運命を読むことができるでしょう。

ホロスコープで読むあなたの未来

 ホロスコープによる運勢の変化の読み方にはいくつかの方法がありますが、 ここでは最も一般的に使用されている読み方である「トランジット(Transit)法」を使用します。 天を運行する惑星は、黄道12星座をめぐりながら、同時に出世時のホロスコープの惑星上を通過(Transit)し、アスペクトを形成します。 惑星のアスペクトが、ある定められた運勢の意味を持ちますので、このアスペクトを形成する時期を読めば運勢が読める訳です。  
 太陽は1年に1回ホロスコープ上を回りますので、出生の惑星とのアスペクトにより一年の運気の変化を読むことができます。 また、ゆっくり運行する3個の大惑星、木星(運行周期11.86年)、土星(運行周期29.46年)、天王星(運行周期84.02年)が、 出生の惑星と形成するアスペクトは、人生の大きな転機など、大きな幸運期・不運期を表しますので、特に注目する必要があります。 「トランジット法」では、以下の4種類のアスペクトを使用します。 その意味については、アスペクトを形成する惑星により大きく異なります。 上記アスペクトを誤差ゼロで形成する時が最も強力な意味を持ちますが、一般的に±8度の許容誤差(オーブ)を含みます。 即ち、上記アスペクトに近づきつつある時には影響力が徐々に強まり、逆に遠ざかりつつある時には影響力が徐々に弱まります。 したがって、運勢の変化という意味では、誤差ゼロでアスペクトを形成した時よりも、近づきつつある時の方が、 「幸運期への変化」あるいは「不運期への変化」をより強く感じるかも知れません。  

西洋占星術で診断するあなたの運命 ・・・ ホロスコープ占星術で診断するあなたの本質・運命・未来・運勢

あなたの生年月日・出生時刻・出生地(最寄の都市)を選択してください。
今日の運勢」を診断する場合は、運勢を知りたい日(一昨日から5日後の期間)を指定することができます。
     分 出生地  /  の運勢
    
★★★ 遠い過去や遠い未来の運勢を診断する人生の設計図 もご覧いただけます ★★★

  
表示形式: 標準(PC・Tablet) | モバイル
---------- 【リンク・連絡先等について】 ----------